ブログ

虫歯の治療で痛い時 (歯科麻酔について)

凄く痛くなって歯科医院に来られた場合、多くの場合麻酔をして治療を行います。

この時、歯科麻酔が効きにくい場合に治療が痛いと感じます。

まず歯科麻酔について説明していきます。歯科麻酔は、歯茎に注射した麻酔薬が骨の内部に浸透して歯根の周りから歯の内部へと伝わり、神経の働きを一時的に止めます。この時、歯の神経や歯肉の周囲に強い炎症がある場合には麻酔が効きにくくなります。

虫歯を治療しないまま放置したり、化膿して周囲に膿が溜まった状態では、骨の内部へばい菌が侵入しないように骨の硬さや密度が増して硬くなることがあります。骨が硬くなると麻酔薬が骨の内部に染み込みにくくなるため、歯の神経のところまでなかなか到達できなくなります。そのため、なかなか麻酔が効きにくくなります。

また、一般的に下顎の奥歯は最も骨が硬く密度が高いため、上顎の歯や前歯に比べて麻酔が効きにくいことがよくあります。そのほか、過去の治療中に痛みを繰り返したり、緊張が強い場合などでも痛みに対し過敏となり、麻酔効果が得られにくくなることがあります。

もう一つ、麻酔自体が痛い場合もあります。当院では、針を刺す時の痛みを軽減させるために針を刺す部位に局所麻酔薬の含まれたゼリーを塗り麻酔をしているため、刺す時の痛みはあまり無いかと思いますが、歯茎がブヨブヨに腫れていたり、骨の中まで膿が溜まっている場合には、麻酔薬を注入している時にも痛みを感じることが多いようです。

歯科医院で歯科麻酔を受けられる場合には、患者様の既往歴、服薬、麻酔による異常の有無などをお伝えください。患者様にとって少しでも痛みの少ない歯科治療になるように、当院でも努めていきたいと思っています。

———————————————————————–
ご相談、ご不明点等、お気軽にご連絡ください。

広島県東広島市西条岡町3-25
薮本歯科クリニック
———————————————————————–