審美治療・ホワイトニング

審美治療

「芸能人は歯が命」という、ひと昔前のキャッチコピーがあります。歯や口元を含む見た目の美しさを施すのが、審美治療と呼ばれる分野です。
就職時の面接など、歯を含む口元は第一印象を大きく左右します。歯並びの美しさ、爽やかな印象を与える純白の歯など、初対面の人に与える影響が大きいのが審美治療になります。

審美治療は見た目の印象を変えるのが主目的ですが、治療と同時に歯の機能も整えていきます。

被せ物・詰め物のご紹介

オールセラミックス

金属を使わずに、セラミックだけで作られた最先端の修復物です。光の透過性に優れており、天然歯のような温かみのある色調を高レベルで再現しました。

メタルボンド

セラミックを主体としたかぶせ物です。歯の裏側に当たる部分には一部、金属を使いますが、天然歯とそん色のない色調を再現しています。審美的にも優れています。

セラミックインレー

セラミック製の詰め物です。
天然歯に限りなく近い色調を再現し、違和感のない自然な歯に仕上げることが可能です。汚れが付きにくく耐久性もあるため、虫歯予防にも最適です。

ハイブリッドセラミックス

セラミックと樹脂を混ぜて作る詰め物、かぶせ物です。セラミックの天然歯に近い透明感、樹脂の粘り強さを持っています。強度にも優れ、審美、的観点でも注目されています。

※保険適用でできるものもあります。詳しくはご相談ください。

ゴールド

昔から「金歯」と呼ばれる金でできた詰め物、かぶせ物です。金は耐久性のある適度な硬度を持っており、かみ合わせに対する歯の適合性に優れています。

ラミネートベニア

薄く削った歯の表面に、セラミックを貼り合わせる審美治療です。少ない通院回数、短期間の治療で済むなどの利点があります。ただし、かみ合わせの状態によっては、この治療法が適さない可能性があります。

ホワイトニング

歯の表面のエナメル質は、食生活やライフスタイルによって、頻繁に汚れが付着することがあります。ホワイトニングは、歯の汚れを専用の薬剤であるホワイトニング剤で分解して、歯の白さを取り戻します。

ホワイトニングは主に2種類あります。「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」です。治療によって両方の利点を合わせた「デュアルホワイトニング」という治療法もあります。最適な方法を提案します。

ホームホワイトニング

ホワイトニング剤の成分が、歯に付着した色素を分解して、白さを取り戻します。歯の表面を削ったり、溶かすような治療法ではないので、気軽に受けられることが主な利点に挙げられます。
正しい歯磨きをしても、経年による歯の表面の色素沈着は避けられません。
そのため、自宅でできるホームホワイトニングが便利です。歯科医院で作ったマウスピースに専用のジェルを入れて装着します。

ホームホワイトニングのメリット・デメリット
– ホームホワイトニングのメリット –
  • 自宅でいつでも好きなときに歯を白くすることができる
  • 自然な色の歯を気軽に簡単に手に入れることができる
  • オフィスホワイトニングに比べ歯の色が後戻りしづらいので白さが持続
  • 光線過敏症に悩んでいる人でもホワイトニングが受けられる
– ホームホワイトニングのデメリット –
  • オフィスホワイトニングに比べて歯を白くするための時間がかかる
  • ホワイトニング剤の薬剤の味が人によって気になる場合がある
  • 自分でマウスピースの装着・脱着などの準備をしなければならない
薬剤について
松風ハイライトシェードアップ

薬剤成分
過酸化尿素、ビニルポリマー、ポリピレングリコール、グリセリン、香料、その他

原理
口腔内において唾液等との接触により過酸化尿素が分解して、変色物質を酸化することにより歯の清掃補助を行う。

薬剤の公式サイトはこちら
http://www.shofu.co.jp/pickup/whitening/hilite_shadeup.html

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、当院などの歯科医院で行うホワイトニングのことを言います。治療は歯科医師や歯科衛生士が担当します。
薬剤を歯の表面に塗り、照射器で光を当てることで、成分を活性化させます。歯の内部にある象牙質の黄色い部分を目立たなくすることで、白く見せる仕組みです。一度の治療で効果が出ます。

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット
– オフィスホワイトニングのメリット –
  • ホームホワイトニングに比べて、濃度の高いホワイトニング剤を使用するため、1回で効果を出すことができる
  • 通院回数少ないので時間の取れない人でも気軽に歯を白くすることができる
  • ホームホワイトニングに比べて自分で行う手間がなく歯を白くすることができる
– オフィスホワイトニングのデメリット –
  • 治療後に人によって歯の痛みやしみることもある
  • ホームホワイトニングに比べると歯の色が後戻りしやすい
  • チェアタイム(治療時間)が長くなってしまう

※現在オフィスホワイトニングは行なっていません。

料金表

メタルボンド 60,000円
ゴールド(インレー) 40,000円
ゴールド(クラウン) 60,000円
ホワイトニング 15,000円
ホワイトニング(薬剤のみ) 7,000円

※全て税抜き価格となります。