予防歯科

小児歯科における予防治療について

年齢を重ねても虫歯や歯周病がなく、健康的な歯を維持することが理想です。そのためには、予防歯科が重要になり、かみ合わせの良い歯並びも欠かせません。
歯を家にたとえると、虫歯=外壁・床・バス・トイレ・キッチンなど、歯周病=基礎部分の土台、かみ合わせ=住宅全体のバランスではないでしょうか。外壁に穴が開き、基礎にひびが入り、1階と2階で冷暖房の温度差が極端だったりすると、不具合を感じます。

予防歯科は、虫歯・歯周病・かみ合わせなどを総合的に捉えることが大切です。食生活、喫煙なども影響を与えます。虫歯や歯周病は細菌感染ですので、家族で予防歯科に取り組みましょう。

予防の重要性

歯にとって最も大切なことは、治療ではなく予防です。永久歯になると、生え代わることがありません。虫歯を治療して完治しても、削った歯は元通りになりません。口腔環境の変化によって、治療した歯に再び不具合が生じる可能性もあります。
歯に痛みや不具合を感じて受診するのは、負担がかかり、時間や費用もかかります。だからこそ、定期的な歯のチェックに加え、日常生活でできる歯のケアを含めた予防歯科が大切です。

当院の予防治療

口腔検査

口腔内環境は人によってさまざまです。歯や歯茎、かみ合わせなど複数の検査と組み合わせて、最適な治療計画をつくっていきます。

ブラッシング指導

日常の歯のケアが予防歯科で大切です。虫歯や歯周病の予防は、毎日の歯磨き、食生活などが大きな影響を与えます。
正しい歯磨きの知識、食生活の見直しが必要です。ちょっとした知識を身につけて実践するだけで、大きな効果が期待できます。

当院では子どもから大人まで一緒にできる予防歯科の指導も行っております。

スケーリング(歯石除去)

定期的な歯石除去も大切です。歯石には歯周病の病原菌が含まれています。歯石は歯磨きで落とせないので、歯科医院で除去します。

PMTC

PMTCは歯のクリーニングの一種で、歯科医院で専門の器具を用いて行います。日常の歯磨きで落とし切れない汚れをきれいにしてくれます。
正しく歯磨きをしていても、どうしても磨き残しが出てしまいます。歯ブラシでは届かないような歯周ポケット内の細かい部分の汚れも除去します。

ご自宅でできる予防法

基本は毎日の正しい歯磨きに、虫歯の発生を抑制する効果があります。ただ、歯磨きだけでは、歯間の汚れを落とすことが困難です。
入念なケアをするため、歯間ブラシやデンタルフロスの活用もおすすめします。
当院では正しい歯磨きに加え、自宅でできる歯のケアについても指導を行っています。