セレック治療

セレックについて

セレック(CEREC)はCEramic REConstructionの文字を取った、セラミック修復を言います。セレック・システムは、コンピューターでかぶせ物を設計し、製作するCAD/CAMシステムの総称です。医療用工学機器の開発が進んでいるドイツでつくられたシステムです。
従来のように歯型を取る必要がなく、コンピューターによって設計・製作するため、その場で1時間程度で完成します。通常、歯科技工士に発注する必要もなく、経済的な面も利点に挙げられます。状況によっては、歯型を取るケースもあります。

セレックでは、最先端の3Dによる光学カメラを使い、数秒でスキャンが終わります。全てコンピューターを介して設計から、ミリニングマシンによるかぶせ物の作製まで一環して行います。かぶせ物の製作を正確で効率的に、より短時間でできる利点があります。

セレックシステムの特徴

1.治療の時間が短縮される!

通常は約1時間で終わるので、1回の来院でかぶせ物の治療が済みます。通院の必要がなく、患者様の負担が減少します。

2.美しい、身体に優しい、アレルギーフリーのオールセラミックを使用!

金属未使用のセラミック素材のため、金属アレルギーの人にも対応できるかぶせ物です。セラミックの天然歯に近い色調で、美しい見た目になります。

3.高品質なセラミックブロックで作製されるため丈夫で長持ち!

規格生産された良質なセラミックブロックを使用し、丈夫で耐久性に優れています。臨床研究によると、15年後の残存率は、通常で68%ですが,セラミックで93%を誇ります。科学的にも高い耐久性が実証されています。

4.リーズナブルな価格でセラミック治療ができる!

セレック治療の利点は、製作工程の簡素化によって、歯科技工士に発注する必要がなく、経済的にも負担が少なくなります。人件費を節約でき、安価な料金で提供できます。

こんな方にセレックはおすすめ

  • 治療に時間をかけたくない多忙な方
  • 金属アレルギーに悩んでいる方
  • 銀歯を自然な白い歯に変更したい方
  • 審美治療の治療費用を抑えたい方
  • 最先端の高度な治療を希望している方

治療の流れ

1.スキャン(型取り)

虫歯などを削ったあと、3D光学カメラで患部を撮影してスキャンします。歯型を取る必要がないため、患者様に負担となる口腔内での作業がありません。
わずか数秒で患部の形状や歯並びがコンピューター上のモニターに映し出されます。

※症例により、型取りを必要とする場合もございます。

2.かぶせ物の設計

コンピュータのモニター画面で、さまざまな調整を行っていきます。歯の形状やかみ合わせなど、多角度から調整を行って、最適な形へフィッティングさせていきます。
同時にバリエーション豊富なセラミックブロックから、患者様に最適な色調を選択します。最終的に色や形の微調整を施します。

※症例により、型取りを必要とする場合もございます。

3. かぶせ物の作製

精密機器のミリニングマシンにより、設計データを基にセラミックブロックを正確に削っていきます。通常は数日かかる工程ですが、その場で製作が進み、かぶせ物が素早く完成していきます。

4.口腔内セット

完成したセラミックの修復物を先進の接着技術によって、口腔内にセットします。

セレック治療と一般的な治療の違い

一般的な治療 セレック治療
時間 「歯を削る」→「歯型を取る」→「歯科技工所でかぶせ物を作る」→「患部に装着」という流れです。
歯型を取って、装着するまで最低でも2回の通院が必要で時間がかかります。
「歯を削る」→「その場でセレックを介して作製」→「即日装着」というのがセレック治療による流れです。
1回の来院にて型取り、装着することが可能です。90分前後で終了します。
寿命 「シロナデンタルシステムズ」によると、従来のセラミックインレーによる15年後の残存率は68%という臨床データが発表されています。
精度の点に課題や問題もあり、約3分の1が破折や離脱など、さまざまなトラブルが生じているとしています。
セレックで製作されたセラミックインレーは、高レベルの数値となっています。
15年後の残存率は93%の高レベルです。精度の高さが際立っています。
費用 歯科技工所に発注をするため、人件費や工程が増えるので、費用がかさんでしまいます。 歯科医院内で作製するため、新たな人件費がかからず、リーズナブルです。

料金表

インレー(小臼歯) 30,000円
インレー(大臼歯) 35,000円
クラウン(小臼歯) 40,000円
クラウン(前歯、大臼歯) 45,000円

※全て税抜き価格となります。