ブログ

銀歯 白い歯 (レジン修復 インレー修復)

以前にも書いた事もありますが、改めて銀歯と白い歯についてお話します。

前歯については、保険適用でもほとんどのケースで金属が見えないような治療になるため、今回は前から4番目から後ろの奥歯に限ってのお話をします。

小さな虫歯の治療(エナメル質と象牙質の境目位)では、通常小さく削ってレジン修復を行います。エナメル質をできるだけ残してレジンを充填して光を照射して硬化させます。

象牙質で拡がっている虫歯になるとエナメル質が崩壊しているか、薄くなって虫歯の部位を除去する際に脆く砕けてしまう事が多いです。噛む面や歯茎の境目など一面だけであればレジン修復を行いますが、歯と歯の間の虫歯では大きなレジン修復をすると噛む力に耐えられず砕けたりズレたりして二次虫歯の原因になる事があります。また、口腔内で大きな詰め物をする場合完全に滑沢にしたり歯と歯の間をミクロ単位で修復するのは非常に困難です。そこで、型を採り模型を作って模型上で精密な詰め物を作った物をインレーと言います。出来上がったインレーを口の中で調整した後接着させて修復します。

次にインレーの材質の説明をします。保険適用のインレーは、ほとんどの場合銀歯と呼ばれている物で金銀パラジウム合金で出来ています。保険適用外で白くて、目立たないものはセラミックで出来ています。セラミックの良いところは、アレルギーのある方でも使える、経年劣化が無くツルツルの状態が続くため二次虫歯になりにくい等です。欠点としては、高価である事(当院では小臼歯33000円、大臼歯38500円)。硬いが割れる事がある、等です。

銀歯にもメリットはあります。他の材料に比べて壊れたりすることが少なく薄くても割れる事がないため歯を削る量も多少は少なくすみます。

色々な事を考慮して歯医者さんと相談して、自分に合った治療法を選択してみて下さい。